話題の美容健康商品を試してみました〜効果,効能,使用感,比較口コミレビュー

ミドリムシサプリメント試してみました。

ミドリムシエメラルド



 

ミドリムシって?

ミドリムシ(学術名:ユーグレナ)とは、5億年以上前の原始の地球で誕生した、動物と植物の性質を兼ね揃えた珍しい生物で、藻(も)の一種に分類される生物です。
光合成を行って栄養分を体内に蓄える植物の性質と、細胞を変形させて移動する動物の性質を持っています。
植物性としてのビタミン13種類、ミネラル10種類、動物性としてのアミノ酸18種類、不飽和脂肪酸13種類、さらに、
ミドリムシだけに含まれている貴重な食物繊維成分のパラミロン(β-グルカン)などの5種類の特殊成分をバランスよく含有。生きていく為に必要な栄養素が全て含まれている「完全栄養素」です。

 

ミドリムシは乳酸菌と相性が良い?

ミドリムシは、乳酸菌を活性化させる能力で有名なオリゴ糖よりも乳酸菌の活性化を促す力があり、ミドリムシのエキスを18時間添加したものは完全にヨーグルト化し、一方エキスを加えなかったものについてはほぼ牛乳のままであったという研究結果が報告されています。

 


バイオザイムのみどりむしは、ビタミンAがモロヘイヤの約17倍。ビタミンB1は魚介類で多いとされるタラコの約36倍、豚ヒレ肉の約28倍、オレンジの約278倍。ビタミンB2は肉類で最多の豚レバーの約1.5倍。果物で最多のアボガドの約26倍、野菜で多いとされる唐辛子の約4倍。ビタミンB3はいわしの約4.5倍、多いとされるキノコ類のマイタケの約4倍、野菜のモロヘイヤの約33倍。必須アミノ酸を含みミネラル10種類、魚油に含まれ発育に良いとされる不飽和脂肪酸(DHA/EPAなど)も含みます。生物で唯一パラミロンを含み、栄養吸収率は驚異の95%!

 

 

 

ミドリムシエメラルドはミドリムシに相性のいい力を持つ次の成分を配合してパワーアップ

注目のスーパーフルーツ

マキュベリー
マキュベリーはポリフェノールやアントシアニン等が豊富で、ブルーベリーやアサイなどのスーパーフルーツの中でも、最高レベルであることが確認されています。

 

若々しく元気な生活

コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は、元々人間の体全体に存在し、エネルギーの生成を助ける人間の生命活動にとって欠かすことの出来ない物質です。

生きて腸まで届き、腸内で発芽!!

有胞子性乳酸菌
ビフィズス菌は生きたままで食品に利用することは大変難しいといわれていますが、熱や酸に強い「有胞子性乳酸菌」は生きて腸まで届き、腸で発芽する性質を持っています。

 

トップページへ戻る